平成6年に老人訪問看護ステーション設立後、一貫して「住み慣れた地域で暮らす」ことにこだわってきました。
平成12年の介護保険施行後は訪問看護、訪問介護、居宅介護支援事業所、通所事業のサービス充実を図り、在宅生活の支援体制を整えました。平成18年の介護保険改正では一般型と認知症対応型の2つの通所介護事業所を開設。それぞれデイサービス城下、デイサービス金田の通称で親しまれ、「一般家庭に近い」デイサービスとして地域にとけ込んでいます。

在宅部門はこれまでの良さはそのままに、連携の強化とサービスの充実を図り、より切れ目のない総合的なサービス提供を目指します。ケアマネジャー、看護師、ヘルパー、リハビリなどの多職種が相互に協力し合うことで、よりニーズに沿った支援を行うことができます。

医療法人健康会は、医療と福祉、在宅と施設、その全てを兼ね備えており、有効的に組み合わせることで様々なケースに対応できる大きな力となります。大事なのは住み慣れた地域を離れることなく馴染みのある生活を続けられること。笑顔が自然に出る、そんな普通の生活を当たり前に続けられるように、まずは私達、在宅部門のスタッフが手助けをさせて頂きます。


○指定居宅介護支援事業所いしかわ

○訪問看護ステーションいしかわ

○ヘルパーステーションいしかわ

○定期巡回・随時対応型訪問介護看護いしかわ

○一般型通所介護いしかわ(デイ城下)

○デイ・サービスセンター「むらまつ」

○認知症対応型通所介護いしかわ(デイとどろき)

○グループホームいしかわ

○デイサービスグループホームいしかわ

在 宅 部 門