平成3年に四国中央市初の介護老人保健施設として開設し、平成26年に旧石川病院跡地へ新築移転しました。
介護老人保健施設アイリスでは、病院への入院が必要のない要介護認定を受けているお年寄り向けに、ご自宅での生活へ復帰して頂くことを目的としたリハビリテーションを主体としたサービスを提供しています。医師、理学療法士、作業療法士、看護師、介護福祉士などがチームワークを活かし、医療とリハビリの両面から総合的なケアサービスを行うことで入所される方の心と体の自立を支援しています。

そのために以下の5つの点を目標に掲げています。

 1.高齢者ケアの中核施設として施設サービス計画に基づき、医学的管理の元、安心で高品質な看護、介護、機能訓練、
   ケアサービスを実施します。
 2.入所者の自立を促すケアを実践し、在宅における生活への復帰を支援します。
 3.入所者の意志および人格を尊重し常に入所者の立場に立ち、要介護度に応じた適切なサービスの提供に努めます。
 4.明るく家庭的な雰囲気の中で地域や家庭との結びつきを重視した施設運営を行います。
 5.市町村、居宅介護支援サービス事業所、他の保健医療サービスまたは福祉サービス提供者との密接な連携に努めます。

また在宅強化型介護老人保健施設(※)の取得を目指し、専門的なリハビリテーションの提供やスタッフの充実・連携の向上に取り組んでいます。しかし全ての方が在宅復帰が最も適した選択かどうかはわかりません。どうしても在宅復帰が困難な方は石川ヘルスケアグループの強みを生かし「特別養護老人ホーム」や「グループホーム」、「サービス付き高齢者向け住宅」と連携し、より良いサポートを行ってまいります。

※在宅強化型介護老人保健施設には下記の要件が必要となります
 ○在宅復帰率50%以上 ○ベットの回転率が10%以上 ○要介護4または要介護5の利用者が35%以上

『リハビリ主体の総合ケア』
理学療法士、作業療法士といった専門知識と技能を併せ持つ職員が中心となり、入所者一人ひとりの症状に合わせた専門的なリハビリ計画を立案。それに基づき各職員がチームワークを活かし適切なアドバイスや指導を行います。家庭的であたたかな雰囲気の中、ご自分のペースにあわせ1日でも早く在宅に復帰できるよう医療・リハビリ・介護が三位一体となった総合的なケアサービスを提供します。

『万全の医療サポート』
アイリスでは医師、看護師による医学的な管理のもと、ご入所の方に安心して日常生活をお送りいただけます。緊急時には24時間施設に常駐している看護師が対応、また施設近隣で救急診療を行う協力医療機関(HITO病院、石川クリニック)で専門的な治療を受けることができる、まさに365日24時間の医療体制を整備しています。

『ユニットケアの導入』
全110床のうち40床でユニットケアを導入しています。お一人ずつに個室があり使い馴染んだ家具を持ち込むことが出来るなど、ご利用者さまお一人おひとりの在宅での生活様式や習慣を尊重した、その人らしい日常を目指すケアの充実を図っています。

『身体拘束ゼロ作戦の実施』
「転ぶとケガをするから」「ベッドから落ちると危ないから」といった概念を取り払い、自分らしく自立したライフスタイルを送ることを第一に、アイリスでは身体拘束ゼロ作戦を実施。それぞれのお身体の状況に合わせベッド柵の本数を減らしたり、スベリ止めクッションやリクライニング・スイング式車椅子を使用し車椅子転倒防止ベルトの使用回数を減らすなど、問題解決思考で身体拘束ゼロに向け取り組んでいます。
また月1回身体拘束廃止・リスクマネジメントに関する検討委員会を設け、事故の起こりうる入所者の方に対し報告と改善策の確認を行い、より密に接することで事故につながらぬよう目配り・気配りに努めています。

『食べる楽しさを提供』
入所者の皆さんが「毎日楽しみに思える食事」をお届けするため、季節にあった「行事食」など豊富なメニューの導入や、好き嫌いを把握するための嗜好調査の実施や給食検討委員会を設置するなど、入所者の方が本当に食べたいメニューの提供を目指しています。また一人ひとりの健康状態を管理栄養士が把握し、栄養バランスや味付けはもちろん咀嚼や嚥下の難しい方にもおいしく召し上がっていただけるよう工夫しています。

『皆で楽しむ行事とクラブ活動』
季節の折にご家族や地域の方と共に楽しむ石川ヘルスケアグループの全体行事に加え、アイリス独自の行事として施設の外で楽しむショッピングや外食ツアー、人気のカラオケ大会や料理教室、地域文化や伝統に触れるお寺参り、遠足、太鼓台見物等を年間を通じて実施し、ご好評いただいています。また趣味を活かしたクラブ活動もお薦めです。書道、手芸、工作、園芸等の各クラブを車椅子の方でも気軽に楽しんで頂ける工夫もしております。

 『従来型』            『ユニット型』           『交流ホール』

   


主にリハビリを必要とされる方で、介護認定で要介護1~5の方
 1.入所についてのお問合せ・ご相談は当施設の支援相談員が承ります。
 2.相談をいただいた場合、ご本人・ご家族の状況などをお伺いし、ご本人との面接を行います。
 3.その後、入所判定会議にて、入所の適否を検討させていただきます。

ご利用料金についてはコチラをご覧ください ⇒ 料金表

名 称  介護老人保健施設 アイリス
 ユニット型介護老人保健施設 アイリス
所 在 地  〒799-0121
 愛媛県四国中央市上分町732-1
連 絡 先  TEL :(0896)58-0011
 FAX :(0896)58-0021
 Mail : airis@kenkou-kai.jp
営 業 日  月曜 ~ 土曜 (日曜・祝日および12/31 ~ 1/3の年末年始は休業)
利 用 時 間  9:00 ~ 18:00 (面会時間 9:00 ~ 20:00)
定 員  110名 (うち40名はユニットケア)
介護老人保健施設アイリス
〒799-0121
愛媛県四国中央市上分町732-1
T E L:(0896)58-0011
F A X:(0896)58-0021


大きな地図で見る